ホーム > お知らせ > お知らせ の記事一覧

米子屋旅館からのお知らせ

<重要>臨時休業のご案内

日頃より米子屋旅館をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染拡大の影響、および政府からの緊急事態宣言が全国に広げられたことを受け、
またお客様、地域の皆様、従業員の健康と安全を考慮し、下記の日程にて臨時休業いたします。

■臨時休業期間:2020年4月29日(水)~5月6日(水)
※緊急事態宣言の状況により、休業期間を延長する可能性もございますことを予めご承知おきください。

急なご案内となり、お客様には大変なご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

催事【2020年5月】および通信販売のご案内

2020年5月6日~5月18日までの期間、米子高島屋 地下食品売場にて催事出店いたします。
古くから愛される郷土の味「大仙おこわ」の他、当館の自慢のお惣菜を是非ご自宅でご賞味ください。

また、「大仙おこわ」につきましては通信販売もできるようになりました。
お電話にて承っておりますので、是非ご利用ください。
TEL:0859-75-2400

【大山おこわ】のご紹介~歴史編~

皆様こんにちは!米子屋旅館です。

いつも当旅館をご利用下さいまして、
誠にありがとうございます。

ニュースでは連日ウィルス関連のものばかりで
不安な日々を過ごしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
手洗いやうがい、マスク着用など基本的な対策をして元気に乗り切りましょう!

さて、米子屋旅館では 地元で『米子屋旅館』が元祖といわれる<大山おこわ>の実演販売を定期的に行っております。

催事スケジュール案内

<大山おこわ>は伝統的な郷土料理として受け継がれてきました。
その起源は諸説ありますが
大山へお参りする険しい道のりのお供に腹持ちのいい食べ物として具だくさんのおこわが作られた説。
戦国時代の僧兵が戦勝を祈願して縁起のいい山鳥や山草を入れて炊きだし、その後、お祭りやお祝い事のごちそうとして各家庭で受け継がれた説。

古来より親しまれ、先人の知恵と風土から生まれたふるさとの味<大山おこわ>を召し上がってウィルスに負けない体を手に入れましょう!!!

スタッフ一同、皆様のご宿泊を心よりお待ち申し上げております。

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

本年も、お客様により快適なご滞在を提供できますよう
従業員一同、精一杯サービスの向上に努めて参ります。

皆様のご健勝とご多幸をお祈りするとともに、
変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

令和2年 元旦
米子屋旅館
従業員一同

催事のご案内【2019年10月~2020年3月】

下記の日程にて催事出店、イベントへの出店をいたします。
是非ご来場いただきまして、【名物・大山おこわ】やその他当館自慢のお惣菜をお買い求めください。
また、2020年2月3日の米子高島屋 地下食品売場では、恵方巻の販売も予定しておりますので、
是非ご賞味いただきまして、一年の福を呼び込んでいただければ幸いでございます。

出店日時・場所

【2019年】
・10月2日~10月15日:米子高島屋 地下食品売場
・10月16日~10月22日:鳥取大丸 地下特設会場
・10月26、27日:第11回 秋の奥大山美味いもん祭(会場:エバーランド奥大山)
・11月6日~11月19日:米子高島屋 地下食品売場
・12月26日~31日:米子高島屋 地下食品売場

【2020年】
・1月10日~1月14日:米子高島屋 山陰食の博覧会(会場:本館5階催事場)
・1月16日~1月20日:米子高島屋 5階催事場
・1月29日~2月11日:米子高島屋 地下食品売場(※2月3日は、恵方巻を販売いたします!)
・2月27日~3月10日:米子高島屋 地下食品売場

詳細はこちらにてご確認ください。
米子高島屋での出店 https://www.takashimaya.co.jp/yonago/
鳥取大丸での出店 http://www.daimaru-tottori.co.jp/

みなさまのお越しをお待ち申し上げております。

催事のご案内【2019年6月~2019年8月】

下記の日程にて『米子屋旅館』が催事出店いたします!
この機会に是非【名物・大山おこわ】やその他自慢のお惣菜をお買い求めくださいませ。

出店日時・場所

■米子高島屋
 地階食料品売場
 2019年6月5日~6月18日
     7月3日~7月16日
     7月31日~8月12日

詳細はこちらにてご確認ください。
米子高島屋での出店  https://www.takashimaya.co.jp/yonago/

みなさまのお越しをお待ち申し上げております。

天空リフトのご紹介

皆さまこんにちは!米子屋旅館です。
いつも当旅館をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

今回は大山エリアの中にある
桝水高原(ますみずこうげん)天空リフトをご紹介いたします。

リフトといえば冬季のスキーリフトのイメージですが、
桝水高原のリフトは春~秋の時期には天空リフトとして運行しています!
リフトにはペアで乗ることができます。

春~夏には新緑の鮮やかさ、秋には紅葉の色づきを楽しみながら、
リフトで斜面を登っていくと・・・

標高900mの山頂展望台に到着です。
果てしなく続く空、日本海、弓ヶ浜半島、島根半島が一望できます。
目の前に広がるパノラマの絶景に感動します!

展望台には「恋人の聖地」モニュメントがあります。
プロポーズにふさわしいロマンチックな場所として
「恋人の聖地」に認定された場所です。
日本海に沈む夕日を眺めるのも素敵ですね。

当旅館よりお車で30分程の場所にあります。
悪天候の場合、運休の可能性があるそうなので、
施設へ確認してからお出かけください。

___________________________

大山桝水高原(だいせんますみずこうげん)天空リフト
〒689-4215 鳥取県西伯郡伯耆町大内桝水高原1069-50
TEL: 0859-52-2228
詳細は施設公式ホームページよりご確認下さい。
http://www.masumizu.net
___________________________

大山へ観光の際は、ぜび米子屋旅館をご利用ください♪
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

春のおすすめ撮影スポット☆

皆さまこんにちは、米子屋旅館です。
いつも当旅館をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

少しずつ気温も上がり、春の訪れを感じる季節になってまいりましたね(*^^*)

当館のございます江府町は四季折々の大山や田園風景を
撮影できるスポットが満載なことをご存知でしょうか!?

本日は観光でいらっしゃたお客様はもちろん、
カメラマンの方も必見の撮影スポット~春編~をご紹介いたします♪

◆おすすめスポット①

「下蚊屋(さがりかや)明神桜」

推定300年以上という県内最大の桜の古木。
鳥取県指定天然記念物(昭和48年3月30日指定)であり、
鳥取県名木百選にも選ばれております!

撮影時期:4月中旬
所在地 :江府町下蚊屋

◆おすすめスポット②

「毛無山のカタクリの花」

江府町と岡山県新庄村の間にそびえる毛無山。
この山で毎年登山シーズンの開幕とともに見ることのできる貴重な花です。

撮影時期:4月末~5月初旬

◆おすすめスポット③

「日野川のこいのぼり」

毎年ゴールデンウィークになると
日野川に架かる久連橋と夜振橋付近にこいのぼりが泳ぎます。
青い空の下、元気に泳ぐ無数のこいのぼりは写真映えすること間違いなしです!

撮影時期:4月末~5月初旬
所在地 :江府町江尾 久連橋・夜振橋

~写真はカタクリの花です~

観光や撮影の拠点にぜひ当館をご利用ください!
皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

冬のお楽しみ☆ウィンタースポーツ☆

皆さまこんにちは、米子屋旅館です。
いつも当旅館をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

本日はこの季節だけのお楽しみ
ウィンタースポーツを思いっきり楽しめる
「奥大山スキー場」をご紹介いたします!

奥大山スキー場は当館より車で約40分。
ゲレンデは緩急の変化に富んでおり、
初心者から上級者まで楽しめます!

自然豊かなこちらのスキー場。
頂上からは空の青と雪の白のコントラストが美しい
絶景を見ることができるそうです♪

この季節だけ出会える景色をぜひ一度見に来てください(*^^*)

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。

奥大山スキー場

住所:鳥取県日野郡江府町御机大平原837-13
TEL :0859-77-2828

詳細は公式ホームページよりご確認下さい→公式HP

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。

ウィンタースポーツを思いっきり楽しんだ後は
当館にてごゆっくりとおくつろぎくださいませ(^^)/

皆さまのお越しを、心よりお待ちしております。

奥大山の天然水

皆さまこんにちは、米子屋旅館です。
いつも当旅館をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

中国地方の最高峰、四季によって様々な表情を見せる大山。
南山麓に広がる江府町は奥大山とも呼ばれ、
市販されている天然水の採取地としても有名です。
今回はその「水」の秘密についてご紹介いたします。

奥大山の天然水の鍵は西日本最大のブナ林にあります。
はるか古(いにしえ)の時代より、
山岳信仰の霊場として厳しく入山規制されてきた歴史があり、
今でも広大な面積を誇るブナ林が残っています。
そして、その地中深くにたっぷりの天然水が蓄えられているのです。

ここ大山山麓で日々の生活を営む私たちは、
自然のミネラル成分たっぷりに湧き出す水を普段使いの水として、
自由に利用することができる贅沢な環境にあります。

当館ご利用の際は、そんな奥大山からの恵みの水を使った、
食の幸をふんだんにご堪能して頂けますと幸いです。

皆さまのお越しを、心よりお待ちしております。

ページの先頭へ